カラーコーディネーター 色彩検定情報 トップページ


【現在位置】  TOPページ>色彩の知識>色相対比・明度対比・彩度対比
 色の見え方ー色相対比・明度対比・彩度対比


色相対比
色相対比とは、
同じ色なのに周囲の色の影響を受けて色が少し変わって見える現象。
中心の色が周りの色の補色残像としてあらわれ、
心理補色の方向へ変化して感じられる。
下の図の黄色の部分を見てください。
どんな黄色にみえますか?
→黄色は緑かかって見える。
黄色を中心として色相環を見るとわかりやすい。


黄色は赤の心理補色の青緑に重なるため、
緑色寄りに見える
→黄色は赤みかかって見える。
黄色は緑の心理補色の赤色に重なるため、
赤色寄りに見える。
 色相環(参考例)

人間の目は、見ている色の刺激とは、反対の色を網膜上に作り出し色の刺激をやわらげる働きがある。
左上図では、黄色を見ると同時に周りの赤も同時に見ていることなので、赤の心理補色である青緑が誘引される。


モデルや女優が鮮やかな緑色を背景にして立つと肌色がよりピンクかかって見えるのは色相対比の影響によるもの。


明度対比
明度対比とは、
明るさの異なる2色が影響し合い、色みが変わって見えること。
明度の差がある色を配色した時、
明るい色はより明るく、暗い色はより暗く見える対比効果。
中心の灰色は同じ色。
黒の背景の方が明るく見え
薄い灰色の背景の方が暗く見える。
中心の茶色は同じ色。
暗い青が背景の方が明るく見え
明るい青が背景の方が暗く見える。

ある色を明るく見せたいと思えば黒又は明度の低い色、
暗く見せたければ
白、又は明度の高い色
と組み合わせればいい。


ダイヤモンドや真珠が一番美しく見えるのは黒色の服。



黒っぽい洋服を着ると
肌の色が白く感じられるのは、
この明度対比によるため。


 彩度対比
彩度対比とは、
彩度の異なる色が影響し合い、鮮やかさが変わって見えること。
鮮やかな(彩度の高い)色のほうがより鮮やかに、
濁った(彩度の低い)色はよりにぶく灰味がかって見える対比効果。
中心の色は同じ色。
濃茶の背景の方が強く鮮やかに見え
橙の背景の方が弱く・鈍く見える。
中心の青緑色は同じ色。
青が背景の方が強く鮮やかに見え
明るい青が背景の方が弱く・鈍く見える。

■気に入って買った洋服やスカーフが他の場所で眺めてみると派手だったり地味だったりすることがある。
これは、洋服売り場でおきた「彩度対比」によるもの。



■エメラルドなどの貴金属のショーケースに黒や濃紺のビロードが使われているのはこの「彩度対比」効果を使ってゴージャスさを演出するため。
(同時に明度対比効果も働いている)


サイト内関連ページ:


 情報源と色表現について
関連サイト:
▼知識
 All About カラーコーディネート
All About Japanによる厳選された、
色彩に関するサイトを紹介している。

 日本色研事業
PCCSに基ずく色彩調和についての詳しい解説あり。



↑このページの上へ
→前のページへ戻る


 TOPページ 色彩検定情報 色彩の知識・色彩用語(五十音順) 流行色情報 色彩活用術


リンク集サイトマップ色彩用語
 姉妹サイト 【おしゃれの視点】  Copyright © 2005 Color Sp all rights reserved.