カラーコーディネーター 色彩検定情報 トップページ


【現在位置】  TOPページ>色彩検定情報>色彩検定に合格するための7つのポイント

このページでは、
これから色彩検定試験を受けようと入り口に立っている人、
勉強を始めたばかりの人を対象に
合格するためのポイントを紹介しています。
A・F・T対策テキスト、過去問題集はこちらで。
 AFT企画(公式書籍サイト)


▼紀伊国屋さんでも入手できます。
お急ぎの方はこちらをおすすめします。
通常4日程でお手元に届きます。

 色彩検定対策テキスト3級編
 色彩検定対策テキスト2級編
 色彩検定対策テキスト1級編
 色彩検定過去問題集2004年度版
 色彩検定過去問題集2003年度版



■合格するための7つのポイント  
憧れを現実にするためにあきらめず、合格を勝ち取ろう!

1:内容を自分のものにする
A・F・T対策テキストを繰り返し反復して内容を理解する。
1回読んでわからなくても、あきらめず進めていくと
その部分は「ああこういうことだったのか!」と気付くことがたくさんある。


2:覚える
色彩検定試験は、色彩感覚やセンスよりも暗記力がものをいう!
受験時代を思い出して、楽しんで暗記しよう!


3:図に描いてみる
色空間は、三次元の立体空間。
色立体の形、色相環、色相断面、トーン図をラフにでも描けるようにして
色を図に当てはめる習慣をつける。


そうしていくと、自然に色空間が自分のものになります。
私は試験でこれが一番役立ちました。


4:比較する
色彩理論は相互につながりがあります。
例えば、色相・明度・彩度の概念や
「色光の三原色」と「色料の三原色」との関係など
タテたけではなくヨコのつながりも考えるくせをつける。


5:カラーカードをフル活用
色彩調和はカラーカード「新配色カード199a」をベースに出題されます。


色彩検定で一番迷うのが、
カラー図版を使った問題ではないでしょうか?

(きっと、PCの前で頷いている人も多いはず、、。)
特に、明度が低い色や中間色調は見分けるのがムツカシイ。


A・F・Tジャーナル(2005/SPRING)によると
カラー図版を使った設問は毎年正解率が低いということです。


印刷可能な範囲での色表現ということなので
仕方がないのですが、
テキストでの知識を自分の血や肉とし、
カラー図版を使った問題をやっつけるには、
カラーカードを切ったり、貼ったりして、眼と頭に叩き込むしかないでしょう。


何度トライしても見分けがつかない、、、という方。大丈夫です。
私もそうでした。(説得力ない??)
きっと、みんなそうです。(もっと説得力ない!!)
しかし、
この繰り返しが試験であなたの味方になり成功へと導くことと思います。


6:色名を覚える
A・F・T対策テキストに載っている色名を覚える。必ず出題されます。
色名やその色名にまつわるエピソードや由来などと関連つけていくと
楽しく覚えられます。


例えば、毎日5分と時間を決めて色を眺めてみよう。
私は、寝る前の5分間でした。


その色のエピソードを思い浮かべながら眠りに入るのもよいものです。
日ごろの些細なクヨクヨが吹っ飛びます。


7:とにかく問題をたくさん解く
過去問題集、市販の問題集などで何度も解いてみよう。


過去問題集とその模範解答をA・F・Tテキストに当てはめる。
間違えたところのテーマをA・F・Tテキストで確認する
この繰り返しが一番おすすめです。



同じ答えでも様々な角度からの問いがあったり、
形式の異なる問題に数多く当たると自分の得意分野や泣きどころがわかる。


パーフェクトにできたときには思わずヒュー!自分を褒めたくなります。

おすすめBOOK



 トゥルー・カラー―色彩検定・カラーコーディネーター検定を受ける人のための、色彩業界ホントのホンネ
by紀伊国屋

 「色彩検定」3級問題―   いもづる式でスラスラとける!
by紀伊国屋

 わかりやすくて覚えやすい 色彩検定3級
by紀伊国屋





 色彩検定に役立つテキスト 最新情報by紀伊国屋




あー覚えることがいっぱい。
と一生懸命磨いた「色彩の知識」
見事合格を勝ち取った「色彩検定資格」
これを眠らせてはもったいない!!


では、この資格は何に活かせるの???
ということで、次は、


 色彩の知識・資格をどう活かす?です。


いってみよう!!






↑このページの上へ
→前のページへ戻る


 TOPページ 色彩検定情報 色彩の知識・色彩用語(五十音順) 流行色情報 色彩活用術


リンク集サイトマップ色彩用語
 姉妹サイト 【おしゃれの視点】 Copyright © 2005 Color Sp all rights reserved.