Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイド >> 色彩検定用語:ハ行

配色の基本

配色の基本は、 まとまりのある配色変化のある配色か伝えたいイメージを明確にしてから色を選ぶ。
配色をする時には、ここから始めよう!

"配色の基本"の詳細はこちら

配色の手がかり

2色以上の色を美しく配する、目的にあった配色をするには、まず「配色の手がかり」から。

"配色の手がかり"の詳細はこちら

肌色(はだいろ)

肌色(はだいろ)は、実際の肌とは違う理想化された色。
■■■■■

"肌色(はだいろ)"の詳細はこちら

ヒュー・トーン・システム

ヒュー・トーン・システムとは、トーン分類と色相分類の2つの系列を組み合わせたもの。

"ヒュー・トーン・システム"の詳細はこちら

表色系(ひょうしょくけい:color specification system)

表色系とは、色のものさしにそって体系的に色を表示したもの。
3つの役割をもつ。

"表色系(ひょうしょくけい:color specification system)"の詳細はこちら

PCCS(ピーシーシーエス:Practical Color Co-ordinate System)

PCCSとは、Practical Color Co-ordinate Systemの略。
日本名は、「日本色研配色体系」という。

"PCCS(ピーシーシーエス:Practical Color Co-ordinate System)"の詳細はこちら

並置混色(へいちこんしょく)

並置混色とは、細かい色点を並べて、個々の色が識別できないくらい離れてみた時に得られるような混色。

"並置混色(へいちこんしょく)"の詳細はこちら

補色(ほしょく:complementary colors)

補色とは、色相環で、対向位置にある色同士のこと。

色彩検定対策:色相環参考例

"補色(ほしょく:complementary colors)"の詳細はこちら

補色色相配色(ほしょくしきそうはいしょく:complementary)

補色色相配色は、色相を手がかりに「色相対照の調和を求める配色」です。

"補色色相配色(ほしょくしきそうはいしょく:complementary)"の詳細はこちら

補色対比(ほしょくたいひ:complementary color contrast)

補色対比とは、補色の関係にある色同士が補色残像現象のために、お互いに、より鮮やかさが強調されたかに見えること。

補色配色の例。
両方とも中心の色の鮮やかさが増したように見え、2色の境界はぎらぎらして見える。この配色のように明度差のないものはより対比効果が大きくなる。

"補色対比(ほしょくたいひ:complementary color contrast)"の詳細はこちら