Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイド >> 色彩検定用語:カ行

回転混色(かいてんこんしょく)

回転混色とは、連続した時間にかかわる混色。

"回転混色(かいてんこんしょく)"の詳細はこちら

柿色(かきいろ)

柿色(かきいろ)は、強い赤みのオレンジ。
■■■■■

"柿色(かきいろ)"の詳細はこちら

可視光線(かしこうせん:visible radiation)

可視光線とは、人間が色を感じられる約380ー680nm(ナノメートル)の波長の電磁波。

"可視光線(かしこうせん:visible radiation)"の詳細はこちら

加法混色(かほうこんしょく:additive mixture of color)

加法混色とは、混ぜて得られた色の明るさがもとの色の明るさの和になる混色。

"加法混色(かほうこんしょく:additive mixture of color)"の詳細はこちら

杆体(かんたい:rod)

杆体とは、暗いところで働き、明暗覚を受け持つ棒状の視細胞。
暗所で反応し、色のもつ明暗のみを感じる細胞。

"杆体(かんたい:rod)"の詳細はこちら

慣用色名(かんようしきめい)

慣用色名とは、固有色名の中でも広く一般に知られ、多くの人々によって親しまれているもの。

"慣用色名(かんようしきめい)"の詳細はこちら

記憶色(きおくしょく)

記憶色とは、イメージとして記憶されている色のこと。
青空の色、木々の緑、リンゴの赤、というように特定の対象物と結びついて思い浮かぶ色。

"記憶色(きおくしょく)"の詳細はこちら

グラデーション(gradation)

グラデーションとは色を規則的に変化させぼかしていくこと。
色相・明度・彩度・トーンを規則的に変化させることにより、美しいグラデーションができあがる。

"グラデーション(gradation)"の詳細はこちら

グラデーションカラー・配色テクニックのコツ

グラデーションカラー・配色テクニックを実践で行かすにはコツがあります。

"グラデーションカラー・配色テクニックのコツ"の詳細はこちら

グラデーション:色相のグラデーション

色相のグラデーションとは、明度と彩度が同じで色相だけが変わっていくグラデーション。

"グラデーション:色相のグラデーション"の詳細はこちら

グラデーション:明度のグラデーション

明度のグラデーションとは、明るい方から暗い方へ、暗い方から明るい方へというように明暗が少しずつ変化するグラデーション。

"グラデーション:明度のグラデーション"の詳細はこちら

グラデーション:彩度のグラデーション

彩度のグラデーションとは、鮮やかな色から徐々に濁っている色へ、低彩度の色から徐々に鮮やかな色へと変化するグラデーション。

"グラデーション:彩度のグラデーション"の詳細はこちら

グラデーション:トーンのグラデーション

トーンのグラデーションとは明度と彩度の両方が段階的に変化するグラデーション。

"グラデーション:トーンのグラデーション"の詳細はこちら

継時対比と補色残像(けいじたいひ・ほしょくざんぞう)

継時対比とは、時間的に間をおいて、2つの色を順次に見たときに起こる対比。

色彩検定対策・用語赤い星を30秒間じっと見つめてから、パッと白い部分に眼を移すと
最初は、見ていた赤い星が見えるが、徐々に青緑色が現れてくる。
(PC上では無理かな。白い紙などで試してみるとよく分かる。)

"継時対比と補色残像(けいじたいひ・ほしょくざんぞう)"の詳細はこちら

系統色名(けいとうしきめい)

系統色名とは、色空間を規則的に区切り、定められた規則にしたがってそれぞれの色範囲に色名をつけるという色の表示システム。

"系統色名(けいとうしきめい)"の詳細はこちら

原色(げんしょく:primary colors)

原色とは、他の色を混合しても得られず、またそれ以上、分解することもできない独立した色のこと。

"原色(げんしょく:primary colors)"の詳細はこちら

減法混色(げんぽうこんしょく:subtractive mixture of color)

減法混色とは、混ぜて得られらた色の明るさがもとの色より暗くなる混色。

"減法混色(げんぽうこんしょく:subtractive mixture of color)"の詳細はこちら

固有色名(こゆうしきめい)

固有色名とは、桃色、空色、サーモンピンクなどのように、植物、動物、鉱物、自然現象、食べ物、顔料、 染料の名前を借りて個々の色をあらわしたもの。

"固有色名(こゆうしきめい)"の詳細はこちら

混色(こんしょく)

混色とは、その名の通り、色と色を混ぜ合わせて別の色を作り出すこと。

"混色(こんしょく)"の詳細はこちら

コンプレックスハーモニー(complex harmony)

コンプレックス・ハーモニーは、自然界でよく見慣れている色(ナチュラル・シーケンス)とは反対に青紫よりの色を明るく、 黄み寄りの色を暗くする配色方法。

"コンプレックスハーモニー(complex harmony)"の詳細はこちら