Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 色彩検定通信講座フォーサイト >> フォーサイト・カラーコーディネーター合格講座

フォーサイト・カラーコーディネーター合格講座

「短期で効率よく合格できる」学習理論

商品概要:
通信講座DVD学習
価格
カラーコーディネーター 3級合格講座DVDコース9,800円 〜
カラーコーディネーター 2級合格講座DVDコース23,800円 〜
バリューセット(2級+3級セット)DVDコース27,800円 〜
全て税込み
販売元
色彩検定 通信講座フォーサイト・カラーコーディネーター合格講座

解説 (色彩検定ガイド管理人)

過去3万人以上の短期合格者を輩出したフォーサイト。
その合格者の多くが、時間の多い学生ではなく、時間に制約のある主婦や社会人である点に大きな特徴があります。

この教材の基本的コンセプトは「短期で効率よく合格」

家事をしながらや働きながら試験に合格するためには、「短期間で」「効率的に」学習することが不可欠。
受験者の声で最も多かった「短期で効率よく合格したい」という願いを現実のものとした、独自の学習法をとっています。

この特長をまとめると、5 つのポイントになります。

「満点を取らない。合格点以上でよい」というムダを省いた学習。
やる気を引き出す楽しい学習を目指す。
「考えること」を主体とした講義の提供。
CD・DVDで繰り返し学習。ライブ講義以上に、深い理解を得られる。
いつでもどこでも学習できる様々なツールを提供。
あなたの居場所がすべて勉強部屋になります。

満点を取らない。合格点以上でよい?

フォーサイトのHPによると

「何に対しても、全力投球で取り組むべきだ」。
資格試験においては、このような発想は効率が悪いばかりか、危険ですらあります。

理由は以下の点にあります。

資格試験においては、「合格すること」が目標です。
つまり、その合格点さえクリアすれば良いのであって、必ずしも満点を取る必要はありません。
反対に、試験で満点を狙うとなると、合格ギリギリラインでの合格より、約3倍の知識を暗記しなければなりません。
しかし、人間の暗記力には限界があります。

満点を狙うことで、知識が定着せず不合格になってしまう危険性も多いのです。
多くを覚えるより、試験で問われやすいところを確実に、繰り返して覚える方が、結果的に高い得点を取ることができます。

徹底した効率を重視した合格狙いの考え方ですね。

ユーキャンのカラーコーディネート講座と比較してみると
より実践的な配色感覚とプロのノウハウを身につけつつ、色の仕組みを覚えながら理解度を高めるというユーキャンに対し、

優先順位をつけて「絶対に落とせない頻出問題」から集中的に学習するし、問題を解くためのポイントを丁寧に解説することで、 正解にたどり着くための論理的な「考え方」「解き方」が身につくという内容になっています。

ここが、大きく違う点ですね。

反対に、試験に「出ない」ところは参考程度にしか載せていません。
そのため、繰り返し学習することが可能な薄さで、ただし中身が濃いテキストに仕上がっています。
何でも載っている分厚いテキストでは、すべて終えるのも一苦労ですし、繰り返しの学習に向いていないのは皆様ご存知のとおりです。

以下のページの中段あたりからテキストのサンプルを見ることができます。
色彩検定 通信講座フォーサイト・カラーコーディネーターコースガイド

10年前の資格試験なら、どの資格でも、問題は単に知識の有無を聞くだけでした。
しかし、最近の資格試験は、単なる知識問題は大幅に減少し、事例式問題など、正確な知識があることを前提として、「考えさせる」問題が主流になってきました。

このような状況の中では、単にテキストを読むだけの学習や、知識だけを伝授する講義ではまったく合格ラインに届かなくなっています。

例えば、「なぜ、このように考えるのか」「AとBの本質的な違いは何か」
といった点を正しく理解することに重点を置いた、「考える」能力が試験合格には必要なんですね。

この点でもフォーサイトの講義内容は、的確な展開をされていると思います。

また、過去問演習講座においては、実際の試験問題を解き、講師の丁寧な解説を聴くことで、さらに理解を深め、問題を解くプロセスを「考える」よう講義しています。

以下のページの中段あたりからテキストのサンプルを見ることができます。
色彩検定 通信講座フォーサイト・カラーコーディネーターコースガイド
現在の試験傾向に対応した講義によって、フォーサイト修了生の資格試験合格率は全国平均よりも大幅に高くなっています。

○受講料の確認・お申し込みはこちらからできます。
色彩検定 通信講座フォーサイト・カラーコーディネーター合格講座

管理人は実際に受けていません。(色彩検定ガイド管理人)

この教材は私は購入していませんのでフォーサイト様のご協力により体験談を頂いています。
その体験とホームページに書いてある商品紹介の記事をまとめて、このレビューを書いてみました。

この教材で面白いと思ったのは以下の2点。

居場所をすべて勉強部屋に

「勉強したい!と思ったときに学習すると、最も効率が上がる」ということは、皆さんもご存知のとおりです。
ただ、なかなかそれは難しいものです。
当然、いつも教材を持ち歩いているわけではありませんし、どこにでもあなたの教材が置いてあるわけではありません。

そこで、フォーサイトでは、「居場所をすべて勉強部屋に」とのコンセプトで、以下のような学習スタイルを提案しています。

■自宅や図書館など落ち着いて勉強できる場所での学習→テキスト・問題集

■通勤・通学の途中でのコマ切れ時間での学習→携帯サイト(フォーサイト・モバイル)での一問一答など

■パソコンがある環境での学習→パソコンを使用したeラーニング(「道場破り」)

■テレビの前での学習→講義DVD

■自動車の中など、オーディオのある環境での学習→講義CD

もちろん、はじめからフォーサイトでもこのような学習環境を提供できたわけではありません。
ここ最近の技術の進歩によって、このようなツールを提供することができたのです。

年々、学習ツールの量も質も上がり、受講生からは好評のようです。

通信講座の強みを最大限に活かしているところ

資格の学習をするなら、「通学講座が一番」と考えていらっしゃる方は多いと思います。
確かに、ライブ講義には迫力があります。

しかし、フォーサイトは、ライブ講義より、専用スタジオで収録した講義CD・DVDが一番と考えています。
それは、以下の理由によります。

■通学講座の場合、週に1回または2回の講義というペースで進められます。
バランスよく学習が進められるという利点はありますが、カリキュラムの開始が早いため、短期合格は不可能です。

■一度欠席などしてしまうと、その部分は独学となり、追いつくのに非常に苦労します。
これに対して、講義CD・DVDのある通信講座なら、自分のペースで講義CD・DVDを視聴することにより、短期でも合格が可能となります。

■通学講座の場合、同じ授業は1回しか出席できません。
学校によってはビデオ補講がありますが、有料となっていたり、わざわざまた校舎まで行かなくてはなりません。

■通信講座の講義CD・DVDなら、繰り返して視聴できるので、深い理解が得られるとともに、暗記しやすくなります。
通信講座といっても、従来はビデオテープやカセットテープなどが主流でしたが、CD・DVDはかさばらないので持ち運びがしやすく、頭だしをすることもできます。
また、音質・画質も優れているので、学習には非常に適したツールです。

ところで、CDとDVDのどちらがよいのでしょうか?

学習効率という点では、DVDに軍配が上がります。

色彩検定 通信講座 色彩検定 通信講座

ということが言えます。
やはりひとつでも多くの感覚で学習する方が、内容が記憶に残るのは、言うまでもありません。

ただし、利便性という観点からから考えると、CDに軍配が上がります。
たとえば、電車や車の中や図書館などで学習する場合には、CDの方が便利です。

これに対して、自宅でじっくり勉強するにはDVDがより効果的です。
つまり、時と場所によって、CDとDVDを使い分けるのが最も効率的と言えます。

週一回でも、資格学校に通える環境にある方には、決してこのプログラムがもっとも良いとは申し上げません。
学校の設定した流れにまかせて学習したい方には適していないからです。

この教材は、あくまでも「短期合格」を狙う人間にとっては購入を考えてみてもいい教材でしょう。

フォーサイトのHPでは、このサイトではご紹介しきれなかった詳しい学習内容、受講者の声、合格後の資格活用ポイントなど様々な情報を仕入れることができますよ。
色彩検定短期合格目指される方はぜひ、内容をチェックしてみてはと思います。

こちらからできます。
色彩検定 通信講座フォーサイト・カラーコーディネーター合格講座

総合評価

使い易さ ★★★★☆
継続性 ★★★★☆
楽しさ ★★★☆☆
分かり易さ ★★★★☆
コストパフォーマンス ★★★★★
合計 20点

色彩検定通信講座使い易さ
CD・DVDはかさばらないので持ち運びがしやすく、頭だしをすることもできます。
また、音質・画質も優れているので、学習には非常に適したツールです。
(ただ、機会操作に慣れていない方は、最初は苦労するかも)

色彩検定通信講座継続性
通信講座の難点は、「果たして、自分でも続けられるのか?」という点です。
居場所をすべて勉強部屋にとのコンセプトでの学習スタイルは生活のあらゆる場面を想定して作られているので勉強を続けやすいのではと思います。

色彩検定通信講座楽しさ
徹底した短期合格対策の教材なので基本的に楽しさというのはありませんが、その中にも自主的に楽しく学習できる工夫もみられます。
(HPによると「やらされている」のではなく、自主的に楽しく学習できるかを重視されているとのこと。)

色彩検定通信講座分かりやすさ
DVDでの学習で、聴くことと、見ることで覚えるしくみになっていて、問題を解くためのポイント説明は丁寧ということなので、分かりやすさもOKです。

色彩検定通信講座コストパフォーマンス
充実の教材全部揃って3級合格講座DVDコース9,800円 〜2級合格講座DVDコース23,800円 〜バリューセット(2級+3級セット)DVDコース27,800円 〜 という価格でみると、コストパフォーマンスは十分です。
オプションで、万が一、本試験に不合格の場合でも、永久サポートオプション利用のための要件を満たせば、合格されるまで新教材を送付し、受験指導をするシステムもあります。

色彩検定通信講座ワンポイントアドバイス
効率よく色彩検定短期合格のための教材としてはいいのではないでしょうか。
徹底した効率主義ですね。

色彩検定に合格して、その後、現場での実践で色彩テクニックを磨けばよいという考えの人にはおすすめの教材です。
逆に、すぐに役立つ配色感覚とプロのノウハウ、色演出術などを身につけつつ、色彩検定合格を目指している人には向いていないかもしれません。

こんな人にオススメ

●家事をしながらや働きながら色彩検定試験を短期合格したい人
●文章を読むのが苦手でDVDでの学習を望む人

※教材の詳細は販売元のHPで確認してください。

こちら色彩検定 通信講座フォーサイト・カラーコーディネーター合格講座

(講座の内容については、販売元HPや無料請求資料のほうが情報が豊富です。
正確な情報はそちらで確認されることをオススメします。)

色彩検定通信講座 フォーサイト体験談

『いつもよりマルが多い!!』/ 匿名希望 女性 23歳

色彩検定通信講座フォーサイト・カラーコーディネーター合格講座

色彩検定(冬期)を受けようと思ったのが9月頃。

本屋で適当に参考書を買ったはいいものの、包みも開けずにそのまま何週間も、ほったらかしに。
さすがに、埃をかぶっていく本を見て、色彩検定とはどういうことを勉強するのか見てみようとやっと本を開いた。

しかし、専門用語がずらっとならび、とても簡単には頭に入らない。意味も分からず頭にたたきつけるしかない状態でした。

そんな時、会社の先輩に『フォーサイト 』を紹介してもらいました。
テキストもそれほど分厚くなく、先生の人柄、教え方もよい、受講料もとにかく安いということで、さっそく申し込むことに。

とりあえず、テキストを見ると、基本からとてもわかりやすく、これなら理解しやすいと、覚える前から感動しました。
私の場合、とにかく本番まで余裕がなかったので、範囲を狭くして集中的にやることにしました。

一通り、テキストに目を通し、頭に入れたら、次は問題集を解き始めました。
自信のない問題と、間違えた問題にはきちんと正直にチェックし、何度も振り返って解きました。

やはり初めて問題を解いたときはあまりにもわからなくて、テキストをちらちら見ながら解いていましたが、3回目位からはテキストを開かずに解くよう心がけました。

解説の重要な点に、色ペンで線を引っ張っていきました。
そうすることにより、よく出る箇所や、ひっかけ問題の特徴が、見えてくるようになります。

朝は過去問題を解いて、通勤電車の中でテキストを読みました。

過去問も何回か解き、テキストもやるべき範囲は覚え、自分なりに自信がついた頃、予想問題をやってみることにしました。
ところが、結果は合格点には届かず、テキストの見直しに戻りました。

これは、もっと違う問題をやったほうがいいかもしれない、という思いと、私は帰宅後、あまり勉強していなかったので、 仕事が疲れたからなどと、いいように解釈して勉強しない自分を強制的に勉強させようと思ったのです。

模擬試験。合格点を!と思ったのですが・・・結果は…でした。

かなりショックを受けましたが、落ち込んでいる時間ももったいないので何度も過去問をやり直しました。

そして、とうとう本番。
手に汗を握りながら解いていきました。

後日、答え合わせをしたらいつもより○が多い!!
合格発表の日、顔もほころんでいました。

身近にいる、色彩検定を受けた人に聞くと、私の様に本番で自己最高得点を取り、合格している人が多いので、点数が悪いと落ち込みながらも、諦めないことが肝心だと思います。

また、本番までの3ヶ月間、3回しか遊びに行きませんでした。
その遊びも前々から予定しておき、突然の誘いは、「試験が終わってから」と断りました。(けっこうつらい)

そして、何といっても、フォーサイト を信じて、先生の講座の度に教えてくれる勉強方法を実行していくようにしたのがよかったと思います。
どうもありがとうございました。

勉強は大変だけど、集中的に取り組むことは後々、自分にとっていい経験になります。皆さんも、自分を信じて頑張ってください。

色彩検定通信講座フォーサイト・カラーコーディネーター合格講座 の体験談でした。

『大丈夫、私が一番勉強している。』/ 匿名希望 女性 29歳

色彩検定通信講座フォーサイト・カラーコーディネーター合格講座

こんなに勉強したのは、生まれて初めてかも知れません。
本当にがんばりました。

ちょうど仕事もやめて、時間もありましたので、他の受験生の方よりは恵まれていました。
それが良かったのだと思います。

私がを受けてみようと思ったのは、5月の終わり頃、実際にやり始めたのは、6月からでした。
自分でスケジュール表を作り、それに沿って調整しながらやっていきました。

初めは過去問も2、3問おきに解いたのですが勉強が、もっと頑張らなくては!と全問やってみましたが、さすがに関して全くの素人でしたので、間違いだらけでストレスをためる結果となり、改めて色彩検定の難しさを知り、結果的に過去問3回テキスト2回、他のテスト等もきっちりこなし、間違えた所、わからない所はピックアップしてもう一度やってみてそれでもわからない所は捨てました。

周りの人に色彩検定を受ける事を言って、自分にプレッシャーをかけ、やる気を保つように努めました。

私の場合、ラストスパートという実感はなくスケジュール通りに進んでいきました。

大体、1日4〜5時間といったペースだったので、これ以上やっても頭に入らなかったのです(集中力がなくなってしまうので)仕事をされている方で、まとまった時間が取りにくい方は、朝と夜1〜2時間ずつ毎日やるというのもいいと思います。

最初は慣れなくて苦痛なのですが、毎日やる内にだんだんと慣れていきます。

学生時代、試験勉強などいつも一夜漬けだった私でも続ける事ができたのですから、本当にやる気があって、実際にそれを続ける事が出来たなら、合格できると思います。

試験前日は、ポイントの復習(自分なりに)そして、やるだけの事は全てやったと、これで落ちてもそれだけの実力しかなかったのだと、自分で納得できました。

試験当日、1時間前に会場に着き、もう一度テキストを見ました。(気休めですが)
周りの受験生もテキストを見ていましたが、なぜか新品状態だったので、ボロボロになった自分のテキストと比べて、自分の中で『大丈夫、私が一番勉強している』と思いこんで、落ち着こうとしました。

そして本番開始、1問目、『うん何とか出来た、でも3問目・・・5問目。

全然わからへん!!』とパニックになりそうだったので、もうこうなったら!!と逆に解いていく事にしました。
それが良かったのか、ようやく落ち着きを取り戻すことが出来ました。
(皆様もぜひ、後ろから問題を解いてみてください。スムーズに解くことが出来ます。)

そしてまさかの一発合格、本当にうれしかったです。
この勉強方で足りているのかと不安になったり、もう一冊本を買った方が・・・等、色々と考えたりもしましたが、結局フォーサイトの通信教育テキストのみで合格できました。

最後に、先生、フォーサイトのスタッフの皆様御世話になりました。
本当にありがとうございました。

色彩検定通信講座フォーサイト・カラーコーディネーター合格講座 の体験談でした。

『自分へのご褒美は効果アリ!』/ 匿名希望(女性・29歳)

色彩検定通信講座フォーサイト・カラーコーディネーター合格講座

私は、今回2回目の受験でした。

1回目は、ほとんど勉強せずに受験。
2回目は、プレッシャーを感じての受験となりました。(これがよかった。)

1回目は、他社の通信講座を受講しておりましたが、今回は、フォーサイトの通信講座の勉強方法をとりました。

勉強時間
夜10:00〜12:00位   朝5:00〜6:00
直前は、夜9:00〜11:30  朝4:00〜6:00
(朝の方が静かで集中できるので、お薦めです。)

勉強方法
@朝、支度をしながら講義DVDを見る。
   通勤電車で、テキストを熟読(テキストはいつも持ち歩く)
   帰宅後、講義DVDを見ながらテキストと照らし合わせじっくり復習。

夏過Aテキストと照らし合わせながら、問題集をひたすら解く。
   (1回目は、全問。2回目以降は、苦手問題のみに絞る。)

B 模擬試験をひたすら解く。
(時間配分。苦手分野の把握)

・ 疑問点は、そのままにせず必ず先生に質問して、クリアにする。

・ 試験当日までのカウントダウンカレンダーを作成、誓約書を記入し、2つ並べて机より見える所に貼る。

 

絶対合格を誓い、合格した時のご褒美と、万が一不合格だった時の罰を記す。

私の頑張ろうの素
  誓約書のご褒美(ちなみに、郷ひろみのデイナーショウ)。これは、効果あり。

そして、一緒に頑張っている皆さんと励まし合い、応援して頂けた事です。

「合格すると、本当に気持ちの良いものです。」と自分に暗示をかけました。
それでも、駄目な時は、カラオケに行って歌って飲んで騒いで気分転換することです。

初めてテキストを開いた時、空白が多いと感じましたが、直前には、びっしりと字が埋まっていました。

「今年は、絶対に合格したい。」という気持ちが、自分自身を動かしたのだと思います。

途中、辛いと感じたこともありましたが、また来年同じことを繰り返してはならないと考えると、今がんばらなくては。と強く思いました。

やっと合格できました。

あきらめかけていた私に、先生の「頑張ってみようよ」の一言がなかったら、今のこの喜びはなかったと思います。

先生の応援がどんなに心強かったか量りしれません。感謝しております。 本当にありがとうございました。

最後に

信じる者は、救われる。

自分を信じて、先生を信じて、神も信じる者が最後に笑います。 頑張って下さい。

色彩検定通信講座フォーサイト・カラーコーディネーター合格講座 の体験談でした。


体験談募集

実際にを購入してみた人の感想を募集します。

良いこと、悪いことなんでも結構です。
あなたの素直な意見をお待ちしています。
多くの通信講座から一つの講座を選ぶのはとても迷うものです。
是非、あなたの体験を他の人のために教えてください。

体験談の投稿はこちらから

【色彩検定通信講座フォーサイトカテゴリーの関連記事】

フォーサイト・カラーコーディネーター合格講座
フォーサイト受講生の声(受講システム・対応について)
色彩検定受験のための「からふるアドバイス」

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/211

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)