Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 色彩検定勉強法・スケジュール >> 色彩検定失敗しない独学・スクール・通信講座

色彩検定失敗しない独学・スクール・通信講座

色彩検定に合格する為の勉強法としては、主に、独学、スクール、通信講座の3つの選択肢があります。
勉強をはじめるにあたって、独学か、通信教育を受けるのか、通学講座に通うのかは大きな問題です。
それそれのメリット・デメリットについて述べてみたいと思います。
ちなみに管理人は独学プラス通信講座です。

▼独学

独学は、最も安く済みますが、反面、合格率が最も低いのも事実です。

独学とは、自分で書店でテキストと問題集を購入し、自分で立てたスケジュールに基づいて学習を進めて行くというスタイルです。

独学の最大のメリットは費用が一番安くすむという点です。

ですから、まず独学でやってみて、それでもダメなら、通学講座・通信教育の受講を考えるというのも一つの方法です。

また、自分のペースで勉強が進められるというメリットもあります。

反対に、デメリットもたくさんあります。

しかし、多くのデメリットを一つ一つ克服できるのであれば、独学での合格も充分可能です。

以下、具体的に検討してみましょう。

▲デメリット1 自分ですべて教材を選ばなければならず、どれがよいのかわからない。

確かに、最近の受験参考書の数には圧倒されます。
書店に足を運ぶと、どれにしたらよいか迷ってしまいます。

▲デメリット2 受験情報の入手が難しい。

資格試験の多くは、毎年4月1日現在の法律に基づいて出題されます。

しかし、市販のテキストは大多数これより前に出版されるので、その年の改正点が盛り込まれていません。
そして、試験にはその改正点がよく出題されるのです。

それゆえ、改正を知らずにテキストどおり暗記していると、取れる問題も落としてしまいます。

ですから、普通のテキストには改正点を追加情報として送付してもらうための葉書がついていますので、忘れずに送付してください。

▲デメリット3 わからないところが質問できない。理解するのに時間がかかる

これも独学の大きなデメリットです。
学校に通えば、たった10分でわかるところを、独学の場合、丸1日かかったけれども、よくわからなかったということはザラにあります。

これに対しては、わかりやすいテキストを選ぶということで対処するしかありません。

また、独学の場合、費用が安いのだから時間がかかるのはしょうがないと割り切るほかありません。

 

▲デメリット4 スケジュールの立て方がわからない、また、立てても計画倒れになりやすい

学校に通えば、その学校のカリキュラムどおりに勉強してゆけば自然と合格できるようになっている場合が多いと思いますが、独学の場合、自分でカリキュラムを組まなければなりません。
また、苦労して立てても計画だおれになりやすいものです。

▲デメリット5 自分の学習レベルが把握できない。

学校に通っている場合、テスト・模擬試験が頻繁に実施されますので、どの科目が弱いのか、自分は今、合格圏内に入っているのかを把握することは簡単です。

しかし、独学の場合、これらを知る手だてがありません。

以上により、独学に向いているのは、時間に余裕があり、意志の強い方です。
具体的には、通常、主婦・学生・残業のあまりない会社員がこれにあてはまります。

反対に独学に向かないのは、時間があまりない方、意志の弱い方です。
具体的には、時間の不規則な営業社員がこれにあてはまります。

▼スクールに通う

費用はかかるが、合格率は高い。しかし、実際に通えるかが問題。

通学講座の最大のメリットは、独学・通信教育よりも一般に合格率が格段に高いという点です。

学校の講師は日夜、試験問題を分析し、その講義法を研究しているのが一般です。
それゆえ、もっとも最短に、効率的に合格にたどり着くことができます。

必要なことを計画通りに、直接プロの講師から学べるので自信と力がつきますし、分からないところはすぐに質問でき、疑問が氷解します。
さらに、勉強仲間ができ、切磋琢磨して勉強できます。

 

しかし、通学講座にもデメリットがあります。

▲デメリット1 費用がかかる。

これは通学講座を開催するには、教室賃料、講師報酬、広告宣伝費など、莫大な費用がかかります。それゆえに、受講料は高くならざるをえません。

▲デメリット2 通学圏内によい学校がない。

東京・名古屋・大阪にはいろいろな学校がありますが、それ以外の地域となると、通いたくても、よい学校がない場合があります。

その理由は、大都市以外の地域では、講師という職業では食べていくだけの需要がないからです。

ですから、地方の場合、通学するよりも、むしろ通信教育で東京の一流の講師のカセット・CD等を購入した方が合格率は高くなると思います。

▲デメリット3 仕事と両立しながら通学するのは実際には難しい。

いざ、通学講座に通ってみたが、仕事との両立ができず、挫折してしまう方もたくさんいらっしゃいます。
実際、毎週、ある一定の曜日を定時に帰社するのは難しいと思います。

このような、デメリットゆえ、最近は、通学講座に通う方は減少しています。
今のトレンドは通信教育です。

▼通信講座を利用する

通信教育は、はじめにテキスト・問題集等の教材が送付され、それを決まったカリキュラムに従い勉強し、テストを実施し、答案を提出するものです。 

 

通信教育のメリットは独学・通学講座のデメリットをほとんどカバーしてくれるという点です。

具体的には、自分で教材の選定をする必要がなく、最新の受験情報が自動的に送付され、通常、質問にも答えてくれるものが多く、スケジュールもそのカリキュラムに従えばよく、テストにより自分の実力も随時把握できます。

また、自分のペースで学習をすすめることができるという長所もあります。

反対にデメリットは、独学同様、自分で勉強してゆくのが基本ですから、しっかりした意志をもって勉強しないと、テストがすぐにたまってしまい、それゆえにさらにやる気がなくなるという状況に陥ります。

【独学プラス通信講座】が一番オススメの勉強法です。

スクールに通うよりも比較的費用が少なく済み、しかも、最近の通信講座は、スクール通いに負けないほど内容が充実している。
自分のペースで学べ、独学よりも不安は少ない。

しかし、通信講座は相手の顔が見えません。

どういった会社で、教材、合格率はどうなのか?
質問にはどの程度答えてくれるのか?
支払い方法は?

などきちんと情報公開している会社を選ぶことが大前提。

以下は、色彩検定に完全対応の通信講座です。
管理人が実際に受けた講座や情報収集した、資料請求無料、しつこい勧誘なしの優秀通信講座を厳選しています。

すべての資料を無料で集めて・・・
あなたにとって一番メリットのある通信講座を見つけよう。

色彩検定の情報が充実している通信講座は以下の2社です。

▼一押し講座

色彩検定情報外部リンクユーキャンカラーコーディネート講座色彩検定通信講座おすすめ度

管理人が実際に受けた講座です。

テキスト学習 → 問題演習 → 課題提出とガイドブックにそって学習を進めるのですが、ガイドブックの所々に、現役のカラーコーディネーターの体験談や失敗談などがおり込まれていて楽しみながら学習が進みます。

この講座を選んだ理由は

  1. 標準受講期間は6ヵ月なのですが、受講期間は12ヵ月あるので万一遅れても安心。
    自分のペースで学習できること。
  2. パーソナルカラー(似合う色)が学べること。
    一番はじめの実験台(?)は自分です。
    この課題提出とともにパーソナルカラー診断をしてもらえます。
    もちろん、シーズンカラー群が入った布スウォッチ(30色)付です。
    (布スウォッチとは、その人に似合う色が一覧できる手帳のようなものです。)
  3. そして、何よりメーリングリストでの仲間との交流が楽しい、、。
    (現在は「学びオンライン」というインターネット指導サービスでさらにパワーアップしているみたいです。)
  4. わかるまで何度でも質問できる
    郵送はもちろん、メール・FAXでも受け付けているので、 疑問をすぐに解決できるのが心強かったです。
    ぜひ、ここも選択肢に入れてみてください。
    色彩検定情報外部リンクユーキャンカラーコーディネート講座

▼こちらもハイレベル

自分にあった通信講座はどれか?
すべての資料を集め、比較・検討して、わからないことは直接電話で問い合わせる。
これ、失敗しない通信講座選びのポイントです。


色彩検定 通信講座資料が揃ったら・・・こちらをご覧下さい
色彩検定 通信講座通信講座の選び方・各社資料の比較検討方法


・・・必要な情報は集まりましたか?
勉強法は決まりましたでしょうか?

ではでは、、どんどんいきます、、
試験勉強の準備期間、費用はどのくらい必要なのでしょう?

色彩検定情報サイト内リンク今から始める色彩検定お勉強スケジュール

【色彩検定勉強法・スケジュールカテゴリーの関連記事】

色彩検定合格のための7つのポイント  
今から始める色彩検定お勉強スケジュール
色彩検定失敗しない独学・スクール・通信講座
色彩検定勉強法:慣用色名
色彩検定勉強法:固有色名、慣用色名の覚え方
色彩検定勉強法:眼の構造
色彩検定試験1ヶ月前:時間を有効にする対策
色彩検定過去問題分析:マンセルシステム
色彩検定過去問題分析:2級記述式
色彩検定過去問題分析:3級記述式
色彩検定過去問題分析:ナチュラル配色とコンプレックス配色
色彩検定過去問題分析:JISの色名

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/9

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)