Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 通信講座ユーキャン >> 通信講座ユーキャンカラーコーディネート講座:受講システムの感想

通信講座ユーキャンカラーコーディネート講座:受講システムの感想

色彩検定対応の通信講座は各社それぞれ特徴があり、とても迷いました。
私は、すぐに実践に活かしたいことからヒューマンアカデミー と、 ユーキャンカラーコーディネート講座のどちらにしようか迷いましたが、結局ユーキャンに決めました。

途中で挫折しそうになりましたが、結果的には通信講座の利用はとてもよかったと思います。
ここでは、 ユーキャンカラーコーディネート講座の受講システムについての感想を挙げてみました。

テキスト内容についてのレビューはこちらです。

ユーキャンを選んだ理由

私がユーキャンを選んだ一番の理由は、通信講座で色彩検定と同時にパーソナルカラー(似合う色)が学べること。

将来は、独立してパーソナルカラーアナリストの夢があったので。
「どのようにその人の似合う色がわかるのか」
通信講座を利用したその手段に興味がありました。
受けてみて・・・これは受講後、独立するにはかなり努力が必要とわかりましたが・・・。

同時に自分のパーソナルカラー診断もしてくれます。
(シーズンカラー群が入った布スウォッチ(30色)付)

次にやはり受講料が手ごろだったこと。

ちなみに一括払いでは、51,000円
一括お支払いの他、月々の分割払いも利用できます。

※ 金額には、教材費・添削指導費・消費税などの料金が含まれています。
※ 後払い・8日以内返品可
※ 【入学金・受講料の一部を国が支給】厚生労働省『教育訓練給付制度 』指定講座。

受講してみてよかったポイント

■受講期間を越えても継続サポート

通信講座の場合、自分のペースでできる分つい学習が遅れがちに。
よほど計画通りにやらない限り6ヶ月を超えてしまいます。(私・・経験者)
でくじけそうになったころに、指導部から励ましの「応援レター」が届きます。

標準受講期間は6ヵ月なのですが、最長12ヵ月まで継続サポートがあるので万一遅れても安心。
延長学費はかかりません。

■カラーコーディネートの受験最新情報をゲット

色彩検定・カラーコーディネーター試験の情報をいち早くゲットできます。
東商・AFT各試験の試験情報や制度改正、試験日や願書申込み日などの正式な日程が決まり次第知らせてくれます。
わざわざ、検索して調べなくてもメールや郵送で正確な情報を知らせてくれるのがうれしい。

■わかるまで何度も質問できる。

私は、疑問はすぐに、ユーキャンに質問していました。
今思えば、初歩の質問に対して何て丁寧な回答をしてくださっていたのかと思います。
本当に丁寧に、教えていただけますよ。
現役のカラーコーディネーターの指導が親切ですごくわかりやすく、さすがプロ、説得力があります。

■仲間ができる

ユーキャンの場合は、受講生同士の交流場所として掲示板サービス「学びオンライン」が充実しています。
ここに、みんな、心配なことや困ったことなど書き込んだりしているのですが、これには勇気つけられますし、楽しいです。
「不安なのは自分だけじゃない」 などという気持ちになれるようですよ。

私が受講していたころとは違い、更にこのサービスはパワーアップしているみたいです。

通信講座ユーキャンの受講生専用のインターネット指導サービス「学びオンライン」

会員登録(無料)すると以下のサービスが受けられます。

>>詳しく見る 色彩検定情報外部リンク ユーキャンカラーコーディネート講座

  • 学習質問メール
    学習中、わからないところがあれば質問用紙の他に、メールでも質問ができます。
  • 添削課題提出履歴
    添削課題を郵送で提出後、ユーキャンの受付日、返送日の履歴が見られます。
  • マイ・カレンダー
    自分だけの予定も記入できる、「学習スケジュール管理」に便利なツールです。
  • 受講生掲示板
    同じ講座、または同じ分野の講座を受講している方が参加する掲示板です。
    色彩検定についての不安、勉強法、勉強ペース、試験合格体験談、愚痴、喜びの声、自身の夢などなどリアルタイムでにぎわってます。

一人で色彩検定の勉強を始めるのは不安。
意思が弱いので挫折しそうという人にも是非おすすめです。(私も参加していまーす!)

>>詳しく見る 色彩検定情報外部リンク ユーキャンカラーコーディネート講座

ユーキャン通信講座で気をつけたいこと

始めはドーンと教材が送られてくるのでちょっとびびります。はい。
が・・・ここでひるんではいけません。
これを全て理解できるようになった自分を思い浮かべて・・・

気を取り直して教材の順序通りに勉強を進めていきました。

教材が届いてはじめにする作業がカラーカード(色票)をPCCSの色相環やトーン図、配色例に貼りこんでいくこと。
カラーカードを切っては貼るの繰り返し。
私は、結構楽しんでやっていましたが、かなり地道な作業なので挫折しそうになってしまう人もいるかもしれません。
実際に、受講生掲示板では挫折しそう・・・なんて書き込みも見られました。

でも、覚えることは手間をかけること。
この繰り返しが基礎となります。

せっかく申し込んだ通信講座。挫折したらもったいないです。
「気が乗らない日でも、テキストを開き、色をながめるだけでも実行する。」
という決まりごとのようなものを自分自身できめておくとよいのではないかと思います。

私の場合はユーキャンに決めましたが、このサイトでおすすめしている通信講座の資料を見るとどれも捨てがたい・・。
それぞれ、長所、短所、特徴があるので。

すべての資料を集め、自分にあった通信講座はどれか?
比較・検討して、わからないことは直接電話で問い合わせる。
これ、通信講座選びの基本です。

【通信講座ユーキャンカテゴリーの関連記事】

通信講座ユーキャンカラーコーディネート講座
通信講座ユーキャンカラーコーディネート講座:受講システムの感想
色彩検定PCCSが覚えられません:okaさん

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/183

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)