Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 光と色, 色彩検定用語:カ行 >> 可視光線(かしこうせん:visible radiation)

可視光線(かしこうせん:visible radiation)

可視光線とは、人間が色を感じられる約380ー680nm(ナノメートル)の波長の電磁波。

光は電磁波というエネルギーの一種。
色は、この光があってはじめて目にすることができる。

では、光の中にはどのような色が存在するのかというと、「赤」「緑」「青」の3つの要素がある。

もっと、細かく分けると赤、橙、黄、緑、青、藍、紫(その他あり)とされている。
そう、虹の7色です。

これらが人間の目に見える範囲の電磁波
「可視光線」と呼ばれている。
その範囲は約380nmー780nm (※1nm=10億分の1m)

---出題率が高い用語・これだけは、覚える! ---

「可視光線」=約380nmー780nm
短波長(380nm)=青や青紫 中波長=緑 長波長(780nm)=赤

----------------------------------------------

この範囲外は、人間の目には見えない不可視光線。

波長が短くなると、ご存知お肌の対敵「紫外線領域」で日焼けなどの化学作用がある。
波長が長くなると、「赤外線領域」で熱線として皮膚が感じることができる。
(電気コタツなど)
この紫外線や赤外線の外側にもラジオやテレビ電波、X線などがある。
これらは、太陽や宇宙から発せられるものであり、総称して電磁波と呼んでいる。

【光と色, 色彩検定用語:カ行カテゴリーの関連記事】

マリオットの暗点
杆体(かんたい:rod)
錐体(すいたい:cone)
色料の3原色(しきりょうのさんげんしょく:subtractive primaries)
減法混色(げんぽうこんしょく:subtractive mixture of color)
並置混色(へいちこんしょく)
回転混色(かいてんこんしょく)
中間混色(ちゅうかんこんしょく)
色光の3原色(しきこうのさんげんしょく:additive primaries)
加法混色(かほうこんしょく:additive mixture of color)
条件等色(じょうけんとうしょく)
原色(げんしょく:primary colors)
混色(こんしょく)
可視光線(かしこうせん:visible radiation)
スペクトル(スペクトル:spectrum)

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/38

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)