Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 色彩の基本の基本, 色彩検定用語:タ行 >> トーン(トーン:tone)

トーン(トーン:tone)

トーンとは、色の調子、色調のこと。

色彩検定対策・トーン図参考例

色相、明度、彩度といわれても、よほど色彩を知る人でない限り具体的な色を思い浮かべるのはムツカシイ。

しかし私たちは、ふだん無意識のうちにこの3属性を感じ、言葉に表わしている。

例えば、「明るい赤」という表現の中には、明度の高さだけでなく、鮮やかさの印象が含まれている。
「薄い緑」という表現には、明度が高く彩度が低いという印象がある、というように。

この「明度から受ける印象」と「彩度から受ける印象」が仲良くなった色の表わし方、それが「トーン」。

トーンは、明度と彩度をまとめて一緒にした性質をもち、同じトーンの色は、 色相が変わってもそのトーンから受ける感情効果は共通していてイメージ感覚を表現するのに適している。

【色彩の基本の基本, 色彩検定用語:タ行カテゴリーの関連記事】

補色(ほしょく:complementary colors)
中間色(ちゅうかんしょく:moderate color)
清色(せいしょく:clear color)
純色(じゅんしょく:pure color)
ヒュー・トーン・システム
トーン(トーン:tone)
色相環(しきそうかん:hue circle)
彩度(さいど:chroma:saturation)
明度(めいど:value:lightness)
色立体(いろりったい:color solid)
色相(しきそう:hue)
PCCS(ピーシーシーエス:Practical Color Co-ordinate System)
表色系(ひょうしょくけい:color specification system)
色の三属性(いろのさんぞくせい:three attributes of color)
有彩色(ゆうさいしょく:chromatic color)
無彩色(むさいしょく:achromatic color)

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/31

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)