Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 配色テクニック, 色彩検定用語:サ行 >> セパレーション(separation color)

セパレーション(separation color)

セパレーションとは、「分離させる」「引き離す」という意味。
配色の中間に入れる色をセパレーションカラーという。
セパレーションカラーをはめ込むことにより新たな調和をとる配色。

  • この配色の特徴
    元の配色をいかしながら、さらに、配色にインパクトを加え、より魅力的にする。
    強烈すぎる配色をやわらげたり、弱すぎる色を引き締めたりすることができる。
    コントラスト感の調節をする働きを持っている。
  • セパレーションカラーはあくまで補助色であり、アクセントカラーのような目立つ色では逆効果になることもある。
  • セパレーションカラーには白・灰・黒などの無彩色や彩度のあまり高くない色を使う。

補色配色の中間に白を加えると2色の関係がクリアになる。

補色配色の中間に灰色を加えると2色の関係をやわらげる。
補色配色の中間に黒を加えると
2色の関係を引き締める。
高明度の配色を低明度色で引き締めた。 茶色を加えることによりピンク色がいきてくる。
重くなりがちな配色が中間に高明度の色を加えることによりすっきりとした印象になる。

 セパレーションカラー・配色テクニックのコツ。
トップとボトムの似たもの同士の配色に はめ込むセパレーションカラーは、 対照的な色相を選び、お互いの色を際立たせる。
トップとボトムを ダークグリーンのベルトでセパレート。
トップとボトムの関係を分離し 全体にメリハリをつけた。


【配色テクニック, 色彩検定用語:サ行カテゴリーの関連記事】

ドミナントカラー(dominant color)
グラデーションカラー・配色テクニックのコツ
グラデーション:トーンのグラデーション
グラデーション:彩度のグラデーション
グラデーション:明度のグラデーション
グラデーション:色相のグラデーション
グラデーション(gradation)
セパレーション(separation color)
アクセント・カラー・配色テクニックの3つのコツ。
アクセントカラー(accent color)
補色色相配色(ほしょくしきそうはいしょく:complementary)
対照色相配色(たいしょうしきそうはいしょく:contrast)
中差色相配色(ちゅうさしきそうはいしょく:intermediate)
コンプレックスハーモニー(complex harmony)
ナチュラル・ハーモニー(natural harmony)
ナチュラル・シーケンス(natural sequence)
色相共通の調和を求める配色
類似色相配色(るいじしきそうはいしょく:analogy)
隣接色相配色(りんせつしきそうはいしょく:adjacent)
同一色相配色(どういつしきそうはいしょく:identity)
配色の手がかり
配色の基本
色彩調和(しきさいちょうわ:color harmony)

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/117

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)