Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 色彩検定勉強法・スケジュール >> 色彩検定勉強法:固有色名、慣用色名の覚え方

色彩検定勉強法:固有色名、慣用色名の覚え方

A・F・T対策テキストに載っている色名を覚える。
固有色名、慣用色名に関する問題は、ほぼ、毎回角度をかえて出題される。

これは、簡単なようで、ムツカシイ。迷いだすとトコトン迷ってしまう。
問題をとく鍵はやはり「由来」でしょう。

色名やその色名にまつわるエピソードや由来などと関連つけていくと楽しく覚えられます。
例えば、毎日5分と時間を決めて色を眺めてみよう。

---色彩検定出題傾向チェック! ---

2001年/3級夏季、2級冬季・2004年/3級冬季では、穴埋め問題で色名を由来から問うものやJISとの関連が出題されている。

■勉強法
たくさんの問題をこなす。
様々な角度からの問題・その解答を、その都度A・F・Tテキストの色名の部分に書き込むと「色」と「様々な角度の解答」 が一覧できるのでおすすめです。
例えば、

スカーレット

  • ペルシャ語の織物に由来する色名
  • 色みの偏りを表わす修飾語の色相名は「黄みの赤」
  • 英名は「イエローイッシュ・レッド」
  • マンセルシステムに当てはめると「7R5/4」

萌葱色

  • 葱が萌え出てくる時の緑。
  • 花や果実以外の植物からきた色名。
    春の色であり、若者を象徴する色。
    軍事記に出てくる若武者が身につけていた色。
  • JISの明度及び彩度に関する修飾語に当てはめると「強い黄緑」・「濃い緑」といった2通りの解答がある。

慣用色名は2005年現在269色採用されていること。
これらは、固有色名の中でよく使われている色名であること。
太字は暗記してしまいましょう。

【色彩検定勉強法・スケジュールカテゴリーの関連記事】

色彩検定合格のための7つのポイント  
今から始める色彩検定お勉強スケジュール
色彩検定失敗しない独学・スクール・通信講座
色彩検定勉強法:慣用色名
色彩検定勉強法:固有色名、慣用色名の覚え方
色彩検定勉強法:眼の構造
色彩検定試験1ヶ月前:時間を有効にする対策
色彩検定過去問題分析:マンセルシステム
色彩検定過去問題分析:2級記述式
色彩検定過去問題分析:3級記述式
色彩検定過去問題分析:ナチュラル配色とコンプレックス配色
色彩検定過去問題分析:JISの色名

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/110

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)