Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 色彩検定勉強法・スケジュール >> 色彩検定過去問題分析:ナチュラル配色とコンプレックス配色

色彩検定過去問題分析:ナチュラル配色とコンプレックス配色

色彩検定で一番迷うのが、カラー図版を使った問題ではないでしょうか?

特に、明度が低い色は見分けるのがムツカシイ。
印刷可能な範囲での色表現ということなので仕方がないのですが、カラーカードをフル活用して、問題の数をこなすしかないですね。

2004年冬季3級・2002年夏季3級の問題で気になったのがカラー図版を使って、 ナチュラル配色かコンプレックス配色かを問う問題。

ナチュラル配色かコンプレックス配色かは、まずどちらの色の明度が高いかを見極める。

  • 明度の高い方の色が
    黄(8:Y)の色相に近い場合は、ナチュラル配色
  • 明度の高い方の色が
    青紫(20:V)の色相に近い場合は、コンプレックス配色

となります。
同じトーン同士では、黄(8:Y)の色相が最も明度が高く、青紫(20:V)の色相が最も明度が低い。

---色彩検定覚えておくと便利! ---

  • ナチュラル配色の色相の関係は、「隣接色相」「類似色相」でなければならないので「中差色相」 となる色はどの色と組み合わせてもナチュラル配色にはならない。
  • 彩度を絡めて問う問題では、 中彩度のトーンはどのような色と組み合わせても彩度差が大きい配色にはならないことを覚えておきましょう。

【色彩検定勉強法・スケジュールカテゴリーの関連記事】

色彩検定合格のための7つのポイント  
今から始める色彩検定お勉強スケジュール
色彩検定失敗しない独学・スクール・通信講座
色彩検定勉強法:慣用色名
色彩検定勉強法:固有色名、慣用色名の覚え方
色彩検定勉強法:眼の構造
色彩検定試験1ヶ月前:時間を有効にする対策
色彩検定過去問題分析:マンセルシステム
色彩検定過去問題分析:2級記述式
色彩検定過去問題分析:3級記述式
色彩検定過去問題分析:ナチュラル配色とコンプレックス配色
色彩検定過去問題分析:JISの色名

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/104

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)