Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 配色テクニック, 色彩検定用語:ハ行 >> 配色の基本

配色の基本

配色の基本は、 まとまりのある配色変化のある配色か伝えたいイメージを明確にしてから色を選ぶ。
配色をする時には、ここから始めよう!

配色の基本では、

  • 似たもの同士の「共通性の調和」
    色空間の中で近い位置にある色を選ぶことでまとまりのある配色が得られる。
  • 違うもの同士の「対比の調和」
    色空間で遠い位置にある色を選ぶことで変化のある配色が得られる。

と大きく2つに分類がされている。

【配色テクニック, 色彩検定用語:ハ行カテゴリーの関連記事】

ドミナントカラー(dominant color)
グラデーションカラー・配色テクニックのコツ
グラデーション:トーンのグラデーション
グラデーション:彩度のグラデーション
グラデーション:明度のグラデーション
グラデーション:色相のグラデーション
グラデーション(gradation)
セパレーション(separation color)
アクセント・カラー・配色テクニックの3つのコツ。
アクセントカラー(accent color)
補色色相配色(ほしょくしきそうはいしょく:complementary)
対照色相配色(たいしょうしきそうはいしょく:contrast)
中差色相配色(ちゅうさしきそうはいしょく:intermediate)
コンプレックスハーモニー(complex harmony)
ナチュラル・ハーモニー(natural harmony)
ナチュラル・シーケンス(natural sequence)
色相共通の調和を求める配色
類似色相配色(るいじしきそうはいしょく:analogy)
隣接色相配色(りんせつしきそうはいしょく:adjacent)
同一色相配色(どういつしきそうはいしょく:identity)
配色の手がかり
配色の基本
色彩調和(しきさいちょうわ:color harmony)

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/90

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)