Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 色の見え方・心理的効果, 色彩検定用語:ア行 >> 色の寒暖(いろのかんだん)

色の寒暖(いろのかんだん)

ある色を見てホッと暖かーくなったり・・・クールに涼しーくなったり・・・

色は人間の感情に働きかけ、連想による感情作用がある。
その代表的な心理効果がこの暖色と寒色。

  • 暖かい色、冷たい色・・・暖色と寒色
    太陽や火を連想して暖かさを感じる
    暖かい色、熱い色を暖色といい、 興奮色とも呼ばれている。

    また、大きく感じる膨張色でもある。
    赤が鮮やかなほど熱さを感じ、明るい橙や黄色は親しみやすさを感じさせる色。
  • 水や氷のイメージ。不思議にひんやりとした感じ。
    寒い色、冷たい色を寒色といい、 沈静色とも呼ばれている。
    また、小さく感じる収縮色でもある。
  • 緑系や紫系の青は、水や海底を連想させ涼しさを連想させる。

    暖かくも冷たくもない中間の感じ
---色彩検定出題傾向チェック! ---

黄緑、緑、紫、 無彩色は寒暖の感じがあいまいです。
このような色を中性色というますが、 意外と無彩色の存在を見落としがち。

無彩色は中性色のグループで、一般的に白に近いほど涼しげでグレーが濃くなるほど温かみに近づく。
----------------------------------------------
  • いろいろな分野の業界でこの暖色と寒色による実験を行っていて、暖色系と寒色系の体感温度(心理的な温度差)は、 約3℃もあると言われています。

【色の見え方・心理的効果, 色彩検定用語:ア行カテゴリーの関連記事】

色の面積効果
色の誘目性(いろのゆうもくせい:attention value)
色の視認性(いろのしにんせい:color visibility)
色の進出と後退
色の軽重
色の寒暖(いろのかんだん)
同化現象(どうかげんしょう:phenomenon of assimilation)
色陰現象(しきいんげんしょう)
縁辺対比(えんぺんたいひ:border contrast)
補色対比(ほしょくたいひ:complementary color contrast)
彩度対比(さいどたいひ:saturation contrast)
明度対比(めいどたいひ:brightness contrast)
色相対比(しきそうたいひ:hue contrast)
継時対比と補色残像(けいじたいひ・ほしょくざんぞう)
同時対比(どうじたいひ:simultaneous contrast)
色の対比(いろのたいひ)
色の対比と同化(いろのたいひ・どうか)

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/66

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)