Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 色の見え方・心理的効果, 色彩検定用語:サ行 >> 色陰現象(しきいんげんしょう)

色陰現象(しきいんげんしょう)

色陰現象とは、補色の色が陰のように見える現象。

色の対比効果の一つ。
例えば、

鮮やかな赤色のランションマットの上に、白いお皿をコーディネートしてみると、白いお皿がなんとなく緑がかって見える。

これは、赤の心理補色である緑(青緑)色がお皿の白色に重なって見えるために起こる。

このように、白や灰色などの無彩色が、周囲の色の心理補色の影響を受け、色みを帯びたように見える現象を色陰現象という。

【色の見え方・心理的効果, 色彩検定用語:サ行カテゴリーの関連記事】

色の面積効果
色の誘目性(いろのゆうもくせい:attention value)
色の視認性(いろのしにんせい:color visibility)
色の進出と後退
色の軽重
色の寒暖(いろのかんだん)
同化現象(どうかげんしょう:phenomenon of assimilation)
色陰現象(しきいんげんしょう)
縁辺対比(えんぺんたいひ:border contrast)
補色対比(ほしょくたいひ:complementary color contrast)
彩度対比(さいどたいひ:saturation contrast)
明度対比(めいどたいひ:brightness contrast)
色相対比(しきそうたいひ:hue contrast)
継時対比と補色残像(けいじたいひ・ほしょくざんぞう)
同時対比(どうじたいひ:simultaneous contrast)
色の対比(いろのたいひ)
色の対比と同化(いろのたいひ・どうか)

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/64

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)