Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 色彩検定勉強法・スケジュール >> 色彩検定過去問題分析:JISの色名

色彩検定過去問題分析:JISの色名

JISの色名には、「物体色の色名」と「光源色の色名」があり特に「物体色の色名」 について問われる。

その「物体色の色名」には、

  1. 「慣用色名」・・・動物や植物などの名前などに基づいたもの。
  2. 「系統色名」・・・「基本色名」 に修飾語を付けて表わすものがある。

この「系統色名」がややこしい。
「系統色名」に使われる「基本色名」は、

  • 有彩色10種類(マンセルシステムに従っている。)
  • 無彩色3種類(白・灰色・黒)

有彩色の表わし方
例:「鮮やかな黄みの赤」
「明度・彩度の修飾語(鮮やかな)13種類」+
「色相に関する修飾語(黄みの)5種類」+
「基本色名(赤)10種類」

※無彩色の表わし方は有彩色の修飾語と逆の順序になる
「色相に関する修飾語」+
「明度に関する修飾語※彩度は含まれない」+「基本色名」
↑無彩色の「明度に関する修飾語」は4種類で灰色のみに用いられる。

2003年過去問題の105ページ(模範解答)参照。
とても、わかりやすい解説があります。

---色彩検定覚えておくと便利! ---

PCCSとの違いも一緒に覚えておくと便利です。

  • 有彩色の基本色名には色相名だけを用いる。
    例えば、PCCSの「ピンク」はJISでは「うすい赤」
  • PCCSの「だいだい」はJISでは「黄赤」
  • 色相に関する修飾語
    赤・黄など一文字の基本色名だけに付き、黄緑・黄赤などには修飾語は付かない。

【色彩検定勉強法・スケジュールカテゴリーの関連記事】

色彩検定合格のための7つのポイント  
今から始める色彩検定お勉強スケジュール
色彩検定失敗しない独学・スクール・通信講座
色彩検定勉強法:慣用色名
色彩検定勉強法:固有色名、慣用色名の覚え方
色彩検定勉強法:眼の構造
色彩検定試験1ヶ月前:時間を有効にする対策
色彩検定過去問題分析:マンセルシステム
色彩検定過去問題分析:2級記述式
色彩検定過去問題分析:3級記述式
色彩検定過去問題分析:ナチュラル配色とコンプレックス配色
色彩検定過去問題分析:JISの色名

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/103

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)