Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 配色テクニック, 色彩検定用語:カ行 >> コンプレックスハーモニー(complex harmony)

コンプレックスハーモニー(complex harmony)

コンプレックス・ハーモニーは、自然界でよく見慣れている色(ナチュラル・シーケンス)とは反対に青紫よりの色を明るく、 黄み寄りの色を暗くする配色方法。

「コンプレックス」とは、複雑なという意味をもちます。

コンプレックスハーモニーは自然の中では見慣れない配色になることが多く不自然に感じることがあるため、 「不調和の調和配色」とも言われます。
この配色の特徴は、意外性のある新鮮な配色効果があるところです。

---色彩検定出題傾向チェック! ---

コンプレックス・ハーモニーもナチュラル・ハーモニー同様
「隣接色相配色」か「類似色相配色」のものですが、それら意外の配色でも、

黄みに近い暖色系の色を相対的に暗く、
青紫に近い寒色系の色を相対的に明るくした配色は

コンプレックス・ハーモニーに含まれるといった場合もあります。

正誤問題、穴埋め問題に出ることがあるのでこの部分はしっかりとAFTテキストで確認しておきましょう。
----------------------------------------------

色彩検定対策・コンプレックスハーモニー 青紫に近い色色彩検定対策・コンプレックスハーモニー を明るくし、
色彩検定対策・コンプレックスハーモニー 黄みに近い色色彩検定対策・コンプレックスハーモニーを暗くします。

  • コンプレックス・ハーモニーの配色例 
    bトーン(ブライトトーン)14とdkトーン(ダークトーン) 4
    色彩検定対策・色相環参考例

【配色テクニック, 色彩検定用語:カ行カテゴリーの関連記事】

ドミナントカラー(dominant color)
グラデーションカラー・配色テクニックのコツ
グラデーション:トーンのグラデーション
グラデーション:彩度のグラデーション
グラデーション:明度のグラデーション
グラデーション:色相のグラデーション
グラデーション(gradation)
セパレーション(separation color)
アクセント・カラー・配色テクニックの3つのコツ。
アクセントカラー(accent color)
補色色相配色(ほしょくしきそうはいしょく:complementary)
対照色相配色(たいしょうしきそうはいしょく:contrast)
中差色相配色(ちゅうさしきそうはいしょく:intermediate)
コンプレックスハーモニー(complex harmony)
ナチュラル・ハーモニー(natural harmony)
ナチュラル・シーケンス(natural sequence)
色相共通の調和を求める配色
類似色相配色(るいじしきそうはいしょく:analogy)
隣接色相配色(りんせつしきそうはいしょく:adjacent)
同一色相配色(どういつしきそうはいしょく:identity)
配色の手がかり
配色の基本
色彩調和(しきさいちょうわ:color harmony)

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/98

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)