Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 色彩の基本の基本, 色彩検定用語:サ行 >> 彩度(さいど:chroma:saturation)

彩度(さいど:chroma:saturation)

彩度とは、色の強弱の度合い。

純色に黒だけを混ぜた彩度段階イメージ

低い彩度 中位の彩度 純色

彩度が一番高いのは純色。
純色とはこれ以上、色みが入らないほど最高につまっている状態の色。

純色に、白、黒、グレーをくわえて彩度の段階が決まる。
彩度が高い程、色味が強く、はっきりとした鮮やかな色になり、低い程、色味がなくなり無彩色になる。

鮮やかな色は冴えた色、鈍い色はくすんだ色とも表現することができる。

【色彩の基本の基本, 色彩検定用語:サ行カテゴリーの関連記事】

補色(ほしょく:complementary colors)
中間色(ちゅうかんしょく:moderate color)
清色(せいしょく:clear color)
純色(じゅんしょく:pure color)
ヒュー・トーン・システム
トーン(トーン:tone)
色相環(しきそうかん:hue circle)
彩度(さいど:chroma:saturation)
明度(めいど:value:lightness)
色立体(いろりったい:color solid)
色相(しきそう:hue)
PCCS(ピーシーシーエス:Practical Color Co-ordinate System)
表色系(ひょうしょくけい:color specification system)
色の三属性(いろのさんぞくせい:three attributes of color)
有彩色(ゆうさいしょく:chromatic color)
無彩色(むさいしょく:achromatic color)

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/29

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)