Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 配色テクニック, 色彩検定用語:ア行 >> アクセント・カラー・配色テクニックの3つのコツ。

アクセント・カラー・配色テクニックの3つのコツ。

アクセント・カラー・配色テクニックを実践で行かすにはコツがあります。

  1. アクセント・カラーに対して、配色で最も大きい面積の色を「ベースカラー・基調色」
    そこに調和する次に面積を占める色を「アソートカラー・従属色」という。
    全身をコーディネートする場合、はじめに、ベースカラー、 次にアソートカラーを決め最後にアクセントとなる色を合わせると非常にバランスよくコーディネートできる。
  2. 素材でアクセントをつける
    例えば、つやのない素材のベースカラーに光る素材を使うというように異素材でアクセントをつけることもできる。
  3. 体型とのバランス
    背の低い人は高めの位置に、太めの人は中心にアクセントをもってくるとバランス良く見える。

【配色テクニック, 色彩検定用語:ア行カテゴリーの関連記事】

ドミナントカラー(dominant color)
グラデーションカラー・配色テクニックのコツ
グラデーション:トーンのグラデーション
グラデーション:彩度のグラデーション
グラデーション:明度のグラデーション
グラデーション:色相のグラデーション
グラデーション(gradation)
セパレーション(separation color)
アクセント・カラー・配色テクニックの3つのコツ。
アクセントカラー(accent color)
補色色相配色(ほしょくしきそうはいしょく:complementary)
対照色相配色(たいしょうしきそうはいしょく:contrast)
中差色相配色(ちゅうさしきそうはいしょく:intermediate)
コンプレックスハーモニー(complex harmony)
ナチュラル・ハーモニー(natural harmony)
ナチュラル・シーケンス(natural sequence)
色相共通の調和を求める配色
類似色相配色(るいじしきそうはいしょく:analogy)
隣接色相配色(りんせつしきそうはいしょく:adjacent)
同一色相配色(どういつしきそうはいしょく:identity)
配色の手がかり
配色の基本
色彩調和(しきさいちょうわ:color harmony)

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/116

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)