Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイドHOME >> 色彩検定勉強法・スケジュール >> 色彩検定試験1ヶ月前:時間を有効にする対策

色彩検定試験1ヶ月前:時間を有効にする対策

1ヶ月を有効にするために、自分が試験範囲をどのくらい理解していてどの項目が弱点なのかを把握しよう。
そして、試験日から逆算して、試験勉強に当てられる時間と自分の状況を当てはめ、冷静に計画と作戦をたてる。

うまく頭を整理できずパニクッてきたときはおまじない。
「目の前のことを、できることを一つ一つ」
こう言い聞かせると結構落ち着きますよ。

■しなければいけないことをメモ
頂くメールや参加しているメーリングリストでも、「まだ覚えることがたくさんありすぎで試験に間に合わない」という悲痛な? お声が聞こえてきます。
自分の試験勉強にあてる時間が限られている中で頑張っている人も多いですよね。

仕事をしながらの試験勉強や主婦の方は炊事、洗濯、掃除、子育て中の方は、学校の行事やら子供の要求、揃えなければならないもの、、、 と次から次へとやらなければならない事に追われます。

やらなければいけないことが押し寄せてきた時はメモに書いて頭の中を整理します。
この方法は、驚くほど落ち着くんですよ。
走り書きでいいので書く、済んだ事柄を消す。

この「事柄が消えていくこと」で気持ちが軽くなり、安心し、無駄が見えてくるんです。
「これは省いてもいい」とか「後回しでも大丈夫」とか効率も良くなるし、先にすべきことを忘れない。

不安なのはきっとあなただけではありません。

テキスト真っ黒、ココロと未来は、カラフルに楽しくいきましょう!!!

【色彩検定勉強法・スケジュールカテゴリーの関連記事】

色彩検定合格のための7つのポイント  
今から始める色彩検定お勉強スケジュール
色彩検定失敗しない独学・スクール・通信講座
色彩検定勉強法:慣用色名
色彩検定勉強法:固有色名、慣用色名の覚え方
色彩検定勉強法:眼の構造
色彩検定試験1ヶ月前:時間を有効にする対策
色彩検定過去問題分析:マンセルシステム
色彩検定過去問題分析:2級記述式
色彩検定過去問題分析:3級記述式
色彩検定過去問題分析:ナチュラル配色とコンプレックス配色
色彩検定過去問題分析:JISの色名

ブックマークに追加する

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.color-sp.com/mt/mt-tb.cgi/108

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)