Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

色彩検定ガイド >> 色彩検定勉強法・スケジュール

色彩検定失敗しない独学・スクール・通信講座

色彩検定に合格する為の勉強法としては、主に、独学、スクール、通信講座の3つの選択肢があります。
勉強をはじめるにあたって、独学か、通信教育を受けるのか、通学講座に通うのかは大きな問題です。
それそれのメリット・デメリットについて述べてみたいと思います。
ちなみに管理人は独学プラス通信講座です。

"色彩検定失敗しない独学・スクール・通信講座"の詳細はこちら

今から始める色彩検定お勉強スケジュール

色彩検定試験の準備期間、費用はどのくらい必要なのでしょうか?
このページでは、色彩検定2級・3級合格を目指し、独学、通信講座を利用した場合のお勉強スケジュールを立ててみました。
費用もご参考にどうぞ。

【次回の色彩検定試験】

2010年夏季色彩検定試験は6月27日(予定)です。

カラーコーディネーター合格講座 色彩検定試験対策
資料請求(無料)はオンラインで。色彩検定 ユーキャンカラーコーディネート講座

"今から始める色彩検定お勉強スケジュール"の詳細はこちら

色彩検定合格のための7つのポイント  

このページでは、これから色彩検定試験を受けようと入り口に立っている人、
勉強を始めたばかりの人を対象に合格するためのポイントを紹介しています。
憧れを現実にするためにあきらめず、合格を勝ち取ろう!

"色彩検定合格のための7つのポイント  "の詳細はこちら

色彩検定試験1ヶ月前:時間を有効にする対策

1ヶ月を有効にするために、自分が試験範囲をどのくらい理解していてどの項目が弱点なのかを把握しよう。
そして、試験日から逆算して、試験勉強に当てられる時間と自分の状況を当てはめ、冷静に計画と作戦をたてる。

"色彩検定試験1ヶ月前:時間を有効にする対策"の詳細はこちら

色彩検定過去問題分析:JISの色名

JISの色名には、「物体色の色名」と「光源色の色名」があり特に「物体色の色名」 について問われる。

"色彩検定過去問題分析:JISの色名"の詳細はこちら

色彩検定過去問題分析:ナチュラル配色とコンプレックス配色

色彩検定で一番迷うのが、カラー図版を使った問題ではないでしょうか?

"色彩検定過去問題分析:ナチュラル配色とコンプレックス配色"の詳細はこちら

色彩検定過去問題分析:3級記述式

A・F・Tジャーナルによると正解を選択すればよい通常の問題と違い、 きっちり答えなければならない記述式は毎年正解率が低いそうです。

"色彩検定過去問題分析:3級記述式"の詳細はこちら

色彩検定過去問題分析:2級記述式

色彩検定2級で一番ドキドキしてしまったのが、記述式問題です。

"色彩検定過去問題分析:2級記述式"の詳細はこちら

色彩検定過去問題分析:マンセルシステム

2001年夏季2級・2003年2級夏季/2004年冬季2級の記述式問題は、マンセルシステムの三属性に関する問題でした。
この3属性表記による色の表わし方は、絶対に押えておきたいところ。

"色彩検定過去問題分析:マンセルシステム"の詳細はこちら

色彩検定勉強法:眼の構造

「眼の構造」についての勉強は、意味不明、難解な用語がいっぱい。
色彩の勉強の中で一番苦手なのが、「眼の構造」
練習問題でいつもつまずくところ。

"色彩検定勉強法:眼の構造"の詳細はこちら

色彩検定勉強法:固有色名、慣用色名の覚え方

A・F・T対策テキストに載っている色名を覚える。
固有色名、慣用色名に関する問題は、ほぼ、毎回角度をかえて出題される。

"色彩検定勉強法:固有色名、慣用色名の覚え方"の詳細はこちら

色彩検定勉強法:慣用色名

慣用色名は曖昧ではっきりしない範囲の色を指す言葉です。
これが本来の色の姿で、系統色名やトーンで色を考える時にはある程度広い範囲で捉える必要がありますね。

"色彩検定勉強法:慣用色名"の詳細はこちら